ブログ

ブログ

3月 02 2018

本懐

 多くの高校で卒業式が行われた今日、元塾生のT君がKGSに合格の報告に来てくれました。

 彼は、私など大したことは何もしてあげられなかったのにも関わらず、何度も頭を下げ、繰り返し感謝の言葉を私にかけてくれました。

 KGS、そして私に出会えて良かったと言ってくれた時には不覚にも涙があふれそうになり困ってしまいましたが、私もT君に会えてよかったと心から思い、伝えました。

 塾生たちが苦しい受験生活を乗り越え、新しいステージに向かおうとする姿と重圧から解放された笑顔を見るときほど本懐を感じるときはありません。

 出会った頃に比べるとずいぶん大人の顔になった彼を見送りながら、自分は本当に塾生に恵まれていると改めて感じ、また1年受験生たちとがんばっていこうという思いを強くすることができました。

 T君をはじめとして、今春医学の道を歩み始める卒業生たちが良き医師となってくれることを願ってやみません。

0コメント

2月 28 2018

国公立大学前期試験

 国公立大学の前期試験が終わり、各地に出かけていた塾生たちが帰名し、皆、口々にどの問題が的中していたなどと言いながら出来具合を報告してくれました。

 中期・後期の出願をしている者たちは帰ってきたその日に報告を済ませるとすぐに準備を始めています。

 私としては休ませてあげたいのはやまやまなのですが、受験する可能性がある以上準備をせずに臨むわけにはいきません。

 進学先が確定し、受験が終了した者たちは机の荷物を片付けて卒業していきますので自習室もずいぶん寂しくなりました。

 そのような中で努力を続けるのは本当につらく大変なことであるはずですが、それでも一生懸命に頑張ろうとする彼らの姿には本当に頭が下がる思いがします。

 あと数週間ですべての決着がつき彼らの進路も決定しますが何とか希望の道に進むことができるよう願っています。

0コメント

2月 26 2018

実績

 今年度の大学入試も終盤を迎え、ネット上で各予備校の広告をよく目にするようになってきました。

 どこも、過去の実績を前面に出して大々的に募集されているようですが、先日ある予備校の広告(キャッチコピーのみで中身まで確認したわけではありません)に1教室から〇〇〇名合格とあり、これはすごいなと思ってよく見たら、のべの合格者数であり、かつ学科試験合格者と小さく表記がありました。

 合格実績をのべの数字で発表するのは別に特別でも珍しくもなく、KGSでも複数校に合格した者はそれぞれでカウントしています。

 しかし、学科試験合格者数を合格実績として掲げるのにはかなり違和感があります。

 その数字の中には、最終的に不合格だった受験生も含まれるということなのですから。

 KGSでは、当たり前のことではありますが全て最終合格者のみの実数を公表しております。この広告を見て、私は今後さらに襟を正し、塾・予備校を比較検討される方に正確な数字をご提供できるよう努めていかなければならないと強く感じました。

0コメント

2月 25 2018

合格の秘訣

 先日、新年度の入塾をご検討いただいている方とのご面談の際、少し考えてしまうご質問をいただきました。そのご質問は以下のような内容でした。

「小さな予備校であるにもかかわらずなぜこれほど私大医学部に正規合格しているのか」、そして「なぜこの費用で運営できるのか」というもので、もちろん表現はこの通りではありませんが要約するとこのような意味合いになります。

 費用に関してはこれまで何度も述べていますのでその通りのこと、「当校ではこれが適正だと考えており、もし安く映るのならばそれは他校が高額なのだと思われる」とご説明させていただきましたが、なぜ合格していくのかと問われたときに咄嗟に返答することができませんでした。

 確かに、今年も多くの塾生がすでに医学部合格を勝ち取っていますし、こちらも自信をもって送り出しています。しかし、それがなぜかと問われたときにいわゆる「合格の秘訣」を問われているような気がして少し考えてしまったのです。

 私は大学受験において、「こうすれば必ず成績が上がる」あるいは「必ず受かる」などという秘訣のようなものは存在しないと考えていますので、KGSの合格率が高い最大の要因は何といっても塾生たちが地道に懸命の努力を重ねたことに尽きます。我々は特別な指導を行っているわけではなく、あくまでも彼らのサポートをし、支えているに過ぎません。ただ、目線は高く保ち、自分を高める努力を怠らないようにということは常々伝え続けており、彼らもそれによく応えてくれていると思います。

 その意味で私は毎年塾生に恵まれていると考えていますし、彼らとともに努力する毎日はつらいながらもやりがいあふれるものとなっています。

 受験が終了し、進学先が確定した者の中には「楽しかった」、「もっと通い続けたかった」などと言ってくれる者も多く、そのようなときには良い関係をつくることができたのだと私もうれしくなります。

 塾生たちとの良い関係を築き、彼らと話し合い、議論しながら日々ともに成長し努力を重ねること。それができたとき「合格」が現実のものとなると言えるのかも知れません。

 

 

0コメント

2月 23 2018

出発

地元の大学を受験する者を除き、ほとんどの塾生が受験地に向けて出発していきました。

飄々ととしている者もあれば今にも泣きそうな表情の者、こわばった表情の者もありそれぞれの緊張の度合いが伝わってきます。

今日で通常授業はすべて終了となりましたが、その最後に日頃私が思っていること、「君たちが、各自限界まで頑張ってきたのはそばで見てきた我々が一番よくわかっている。試験場の受験生の中で君たちよりも努力してきたという人などいない。ここで負けるような中途半端な勉強の仕方ではなかったはずだ。負けるはずがないのだから頑張ろうなどと思わず普段通りやって来い」という思いを伝えておきました。

皆、力を出し切ってくれることを信じて報告を待ちたいと思います。

0コメント

2月 22 2018

早期講座

 国公立大学前期試験直前となりました。受験生たちはそれぞれ最後の追い込みにかかっているところです。

 KGSでは、彼らの授業と並行して新年度の高卒生対象の早期講座を開講しており、今年は例年より多くの者が来春の合格を目指してすでに動き出しています。
 
 この講座の目的は新しく迎えた塾生の状況を把握し、0学期開講にむけて重要事項を確認することにありますのでそれほど難度の高い内容は扱っていないのですが、各々が日々課題を発見し克服に取り組んでくれているようです。

 高卒生として受験勉強を継続すると決めたならば、スタートは早いほど良いことは言うまでもありません。私大の入試まではすでに1年を切っているのですから無駄に過ごしてよい時間などあるはずもありません。

 当然、我々も休んでいる暇はありません。また新しい1年の始まりです。毎日少しずつでも向上していけるよう彼らと頑張っていきたいと思います。

0コメント

2月 11 2018

授業の時間数

新年度に関してご面談をさせていただく機会が多くなっておりますが、その中でKGSの授業の時間数について驚かれる方が時折おられますので、この場で改めて申し上げておこうと思います。

KGSでは1コマの授業を90分で行っておりますが、塾生の週平均受講コマ数は8~10コマといったところです。

これは大手予備校に比較すると非常に少ないわけですが、そのような体制をとっているのには当然理由があります。

私は、根本的に「授業を多く受講すれば成績が伸びるというものではない」という考え方をもっています。

授業はもちろん重要ですし、全力で行っていることは言うまでもありませんがその中でお伝えできることは残念ながら限られており、そこで得た知識はどうしても断片的なもの、いわば「点」にならざるを得ません。

これは授業数をいくら増やしたところで解決することはなく「点」と「点」をつなぎ「線」に、そして「線」を集めて「面」に、さらに「面」を集めて使える知識としていく作業は自分で行っていただくしかありません。

そのために必要となるまとまった時間を確保するために授業数を最小限に抑えているのです。そのことにより演習量が減るのでなないかと心配される方もおられますが、自習の計画の中に十分な演習が組み込まれていますので塾生たちは逆に他塾の方に比べ圧倒的に豊富な演習量を確保しているはずです。

もちろん、自学の部分に関してアドバイス・サポートは可能な限り細かく行っており個々の塾生と折に触れて話し合いながら計画を着実に消化していくことになります。このようにして「授業と自学を両立させることで初めて本当の実力が身につくのだ」というのがKGSの考え方であると申し上げてよいかと思います。

今年度の入試もまもなく大詰めを迎えますが、皆必ず蓄えた力を発揮してくれると信じ吉報を待ちたいと思います。

0コメント

2月 10 2018

合否

私大医学部の合否が少しずつ判明しつつあります。

すでに良い結果が出た者は他校の入試で一次合格が出ていても二次は欠席するということが多くなる一方、今のところ吉報が届かない者は後期に向けて決意を新たにしているといったところです。

毎年思うことではありますが、どこか不条理を感じてしまう状況ではありますがそういう枠組みの中で戦っている以上不平・不満を言っていても仕方ありません。

結果によっては凹んでしまう者も中にはいますが、そうして落ち込んでいても何も良いことはありませんので、私は彼らに凹む時間があるなら1問でも多く問題を解き、一つでも多く重要事項を確認するよう厳しく言います。冷たいようですが、辛くとも次の機会に向けて努力をしなければさらに痛い目にあうことになるのは受験生本人なのです。

そして最後の段階で彼らと一緒に喜べることを願ってやみません。

ところで、このように結果が判明しつつあるのに伴いお問い合わせをいただく件数がさらに増えております。仮予約という形でお申し出をいただいている方を含めますと現時点で定員の半数をこえている状況で、来年度さらに自習室を拡充することも検討する必要があると考えています。

ただ、現状以上に塾生をお迎えするということになるとどうしても個々の生徒さんへの対応に影響が生じる可能性があります。収益のために規模を拡大するつもりは全くありませんので、悩ましいところです。

0コメント

2月 02 2018

医学部入試

先日も投稿したように、現在非常に多くのお問い合わせをいただいております。

その中でも私大医学部を目指される方が多いのは時期的に納得できるのですが、新年度に向けて再受験を目指される方の数が例年よりかなり多く少し驚いているところです。

私大医学部の入試が年々厳しさを増しているなかで、他の受験生よりも不利な状況からのスタートとなるわけですので本当に辛く厳しいチャレンジとなることは間違いありません。

面談時にはかなり突っ込んだお話もさせていただいておりますが、正直申し上げてそれで揺らぐ程度の決意ならば医学部再受験などお考えになるべきではないと思っております。

もちろん、険しい道であることを理解したうえで断固たる決意をもって挑まれる方に対する協力を惜しむことは絶対にありません。ともに合格を目指して頑張っていきたいと思います。

ただ、現在の状況が続くようですとかなり早い段階で募集終了とさせていただく可能性がございます。万一ご希望にそうことができない場合には何卒ご了承ください。

0コメント

1月 31 2018

合否について

私大医学部の1次試験の合格発表が続いており、明日からは2次試験の合格発表も始まります。

KGSの塾生たちも良い結果であれ悪い結果であれ、受け止めて次の段階に向けて努力しています。

当たり前のことですが、入試というのは普段の実力がそのまま反映されるものではなく、試験当日の出来によって結果は大きく左右されるものです。

本番で自分のもっているものを出し切ることができるかという部分も含めて実力なのだと言ってしまえばその通りなのですが、悪い結果となってしまったときに、その生徒の日頃の努力の様子を見ながら一緒にがんばってきた立場からするとどうしても割り切れない気持ちになってしまい、すぐにはかける言葉も見つかりません。

ただこんなとき、今後も入試が続くものには私は問うことにしています。

「あなたは〇〇大学に行きたいのですか?それとも医師になるため医学部に行きたいのですか?」と。

するとほとんどの者は医学部が優先だと答えます。

ならば、今すべきなのは落ち込み、凹むことではないのは明らかです。まだ終わったわけではないのです。

今、思うような結果が出ず落ち込んでいる受験生の方も多いと思いますが、笑って受験生活を終えることができるよう、最後まで努力し続けることが大切です。それができる人にこそ道は開かれるのだと思います。

0コメント

Next »

  • TEL:052-784-7552
  • お申込み・お問い合わせ