ブログ

2018年1月

1月 31 2018

合否について

私大医学部の1次試験の合格発表が続いており、明日からは2次試験の合格発表も始まります。

KGSの塾生たちも良い結果であれ悪い結果であれ、受け止めて次の段階に向けて努力しています。

当たり前のことですが、入試というのは普段の実力がそのまま反映されるものではなく、試験当日の出来によって結果は大きく左右されるものです。

本番で自分のもっているものを出し切ることができるかという部分も含めて実力なのだと言ってしまえばその通りなのですが、悪い結果となってしまったときに、その生徒の日頃の努力の様子を見ながら一緒にがんばってきた立場からするとどうしても割り切れない気持ちになってしまい、すぐにはかける言葉も見つかりません。

ただこんなとき、今後も入試が続くものには私は問うことにしています。

「あなたは〇〇大学に行きたいのですか?それとも医師になるため医学部に行きたいのですか?」と。

するとほとんどの者は医学部が優先だと答えます。

ならば、今すべきなのは落ち込み、凹むことではないのは明らかです。まだ終わったわけではないのです。

今、思うような結果が出ず落ち込んでいる受験生の方も多いと思いますが、笑って受験生活を終えることができるよう、最後まで努力し続けることが大切です。それができる人にこそ道は開かれるのだと思います。

0コメント

1月 23 2018

的中

私大医学部の入試が続いています。塾生からの受験報告を聞いていると、今年も授業内で扱った内容の類題があちこちで出題されているようです。

このようなことがあると、塾・予備校によっては広告やHPなどでまるで鬼の首を取ったかのような大騒ぎをするところがありますが、私の立場から言わせていただければ、入試に向けて身に付けておくべきことを授業で扱う以上その内容が入試本番で出題されるのはむしろ当然で、全く的中しないというような事態があればそれは大問題です。

いたずらに予想問題や予想講座に飛びつくのではなく、自分がこれまでに積み上げてきたことの中にこそ合格へのカギがあるのだということを頭において最後の仕上げに取り組んでいただきたいと思います。

0コメント

1月 22 2018

新年度

1月に入ったころから新年度のご入塾に関するお問い合わせを数多くいただいております。

KGSでは、2月の段階から新年度高卒生の早期準備講座をスタートさせますのでそれにあわせて対応の準備をしているのですが、例年に増してお問い合わせをいただくペースが速く、少々戸惑っております。

ただ、数ある塾・予備校の中から当校を選んでいただけることは本当に光栄なことですし、期待を寄せていただけることに大きな喜びを感じております。

現塾生を最後まで全力でサポートしていくとともに、新しく迎える新規塾生たちに来春無事に合格を勝ち取ってもらえるよう気をひきしめていかなければと思っています。

0コメント

1月 21 2018

藤田保健衛生大学入試

多くの塾生が1月20日(土)の藤田保健衛生大学の入学試験を受験してきました。

問題は回収となるので細部は現時点では不明ですが、塾生たちの話を総合すると数学は若干難化したのかな、という印象です。とは言え、彼らにはくどいほど難化するはずだということは伝えてきましたので大きな動揺はなかったようで、あとは結果を待つということになります。

国公立の受験校もそれぞれ決まりつつあり、いよいよ入試本番という感じです。全員が志望校に合格してくれることを願うばかりです。

0コメント

1月 12 2018

いよいよ本番

 明日の本番に向けて、センター前最後の授業を終えた塾生たちをそれぞれ送り出しました。(中にはいつも通り深夜まで勉強していくという強者もいますが。)

 ここまで来たら、彼らのために我々ができることは多くはありません。

 この1年の塾生たちの学習の質と量はどこの受験生にも劣るものではないと確信をもって彼らに伝え、あとはただいかんなく実力を発揮してくれることを願うのみです。

 センター終了後は、すぐに通常授業が私大・2次対策に切り替えとなります。合格の報告が届くその日まで彼らとともにがんばっていきます。

その一方で、再受験をされる方などすでに現時点で新年度に向けての学習をスタートしておられる方もおられます。1年後には無事に合格していただけるよう、こちらもしっかり準備していきたいと思います。

0コメント

  • TEL:052-784-7552
  • お申込み・お問い合わせ