ブログ

3月 30 2021

追加合格(2)

今日になって、さらに3名の追加合格が判明しました。いずれも実力的には届いていたはずだと確信していましたので追加合格が回ってくるとは思っていましたが、この時期になってようやく連絡がきたとのことでうれしいのはもちろんですが何よりホッとしたというところです。

本人たちはここ数日のうちに色々な手続を済ませる必要がありますので喜びをゆっくりかみしめている暇もないかもしれません。

制度上仕方のないことではありますが、もう少し受験生に負担のかからない形がとれないものかと考えてしまいます。大学によっては補欠合格の順位も明らかにしないところがありますが、これなど何か後ろ暗いことを行っているのではないかと疑われても仕方がないところではないでしょうか。学校側の事情があることも理解はできますが何より受験生が納得できる制度設計をお願いしたいものです。

 


3月 29 2021

追加合格

今年度の大学入試の結果がほぼ出そろいましたが、KGSの塾生たちは今年も非常によく頑張ってくれました。(21年度大学入試合格実績

もちろん、合格を勝ち取った者ばかりではなく、思うような結果が出ず悔しい思いをした者もいますので手放しで喜ぶことはできませんが1校舎のみの個人塾の塾生が出した結果としては十分誇れるものだと、今更ながら塾生たちの努力に敬意を表したいと思います。

そんな中、今日になって国公立大学医学部入試で前期・後期ともに悔しい思いをした塾生から「前期受験校の追加合格の連絡があった」との報告がありました。

彼は、他の塾生たちが次々に合格を決めて荷物を片付けていく中で最後まで黙々と努力を続けており、その姿を間近で見てきた我々も当初の合格発表で残念な結果だったと報告があったときには自分のことのようにつらい思いをしたのですが、今日の発表を受けて彼の努力が報われたと本当にうれしく思っています。

新年度の塾生たちの入試への挑戦はこれから始まるわけですが、一人でも多くの塾生と今日のような喜びを分かち合うことができるよう日々共に頑張っていきたいと思います。

 

 

 


2月 14 2021

地震

  • 福島・宮城で大きな地震があったようです。まずは被害に遭われた皆さまにお見舞い申し上げます。

まだまだ寒く、さらに週末には寒気の到来が予想されている中で家屋が被害に遭われた方、停電の状況にある方のご苦労を思うと言葉がありません。

コロナも未だ制圧できない中、これからの避難所での生活を考えると自分のことのように不安になります。

特に私は職業柄、受験生の皆さんがお気の毒でなりません。何ができるわけでもありませんが、遠くからではありますが1日も早く平穏を取り戻され無事に目標を叶えられることを願ってやみません。

 

 


1月 23 2021

2020年度合格体験記⑤

藤田医科大学(医・医)、岩手医科大学(医・医)他合格

Y・Aさん(滝高)

 

私は一浪目の時、大手の予備校に通っていました。物理と数学が非常に苦手だったのですが計画的に学習することができず授業の予復習に追われるばかりで苦手克服のために何から手をつければよいのかわからず途方にくれるばかりでした。二浪することが確定した時に同じ過ちは絶対に繰り返したくないと考えKGSへの入塾を決めました。

 KGSでは入塾後すぐに葛原先生との面談で自分のレベルにあった教材をご紹介いただいたので、何から始めればよいのかという悩みはすぐに解消し勉強に集中することができました。また、KGSの授業で扱われる問題はどれも質が高く、実践的な力がついていくのが感じられました。教科書レベルの質問にも丁寧に対応してくださったおかげで苦手分野を効率よく攻略することができました。

 葛原先生をはじめ、先生方には受験校の相談に乗っていただいたことや普段の雑談まで、私にとっての精神的な支えとなりました。また、一緒に面接の練習をしたり、進路について相談しあえる友人がいたことも受験を乗り切るうえで大きな支えでした。

 三浪は絶対にしないと決めていたので、不安とプレッシャーは大きかったですし、模試の判定もいつまでもE判定ばかりで何度も「もう無理だ」と思いました。周囲の塾生たちは自分より成績の良い人たちばかりで良い刺激ではありましたが反面焦りの原因にもなっていました。しかし、自分が信頼できるKGSで葛原先生を信じて言われたとおりに頑張ってみようと奮起した結果、当初医学部ならどこでもどんな形でもよいから合格したいと思って始めた二浪目でしたが終わってみれば受験校全勝という結果でした。自分が一番驚いていますし、今でも夢なんじゃないかと思っているくらいです。全ては本当につらいときにいつも支えて下さった葛原先生のおかげです。どれだけ感謝してもし尽せません。この一年間のことはこの先も忘れることはないと思います。ようやく医師となるためのスタートラインにつくことができました。葛原先生のかけて下さった「努力は才能を凌駕する」という言葉を今後も大切にしてがんばります。

 本当にありがとうございました。

 


1月 22 2021

2020年度合格体験記④

信州大学(医・医)、東北医科薬科大学(医・医)他合格

O・S君(東海高)

 

私は大手予備校での一年間の浪人生活を経て、二浪目の一年間をKGSでお世話になりました。同じ受験勉強といえど、大手予備校とKGSの学習環境は全く異なる者でした。まず1点目に、KGSのカリキュラムは非常に小回りがききます。それぞれの科目ごとのクラスレベルを自分で選択でき、必要ないと考える授業を受講する必要はありません。常に自分の学力レベルにあった授業を受講することのできるKGSの学習環境は、模試の総合成績だけですべての教科の半年間のクラスが強制的に決められてしまう大手予備校に比べ、大きな利点だと思います。2点目に、KGSの授業は非常にレベルが高いです。全ての科目については書ききれないので数学を例にあげると、私の受講していた数学Tのクラスでは4月の時点から難関大学の2次試験の問題が扱われていました。葛原先生が自らチョイスされる問題は難しいものが多かったですが、徒に難しいのではなく、一度経験していないと解くのが難しい、いわゆるライバルと差がつく良問ばかりでした。ですから私は自習においては難度の高い教材に手を出す必要もなく、標準的な問題集と授業の予習復習を重点的に行いました。その結果、2次試験本番の数学では全て経験のある問題の類題ばかりで苦手としていた数学に落ち着いて取り組むことができました。3点目にKGSは講師の先生方と塾生との距離が非常に近く、先生方はどんな些細な質問であっても懇切丁寧に答えて下さいます。私は英語の大谷先生に何度も添削をお願いしましたが、大谷先生による間違いの指摘は常に的確で自分では気づけないようなミスを沢山教えていただきました。そのおかげで英作文の対策は万全といえる状態までもっていくことができ、本当に感謝しています。さらに先生方は様々な悩みや相談にも気さくに応じて下さいます。実際に授業を担当していただいている尊敬し、信頼できる先生方からの言葉は力強い心の支えになりました。以上の点から、私は「自分が合格に届かなかった原因を理解し、それを克服するための学習計画をたて遂行しようとする」受験生にとってKGSは最適な環境だと思います。最後に一浪目で不合格となったとき自信を無くし、もう1年勉強を続けることができるのか不安でいっぱいだった私を支え合格へと導いて下さった葛原先生をはじめとする先生方にお会いできて本当に幸運でした。一年間ありがとうございました。


1月 20 2021

2020年度合格体験記③

山形大学(医・医)、藤田医科大学(医・医)他合格

T・Aさん(名古屋大学附属高)

 

私は高校卒業後2年間KGSで国公立大学医学部合格を目標として勉強に励み、この度無事に山形大学医学部医学科に合格することができました。現役のころまで得意科目と苦手科目の差が大きく、自覚してはいたものの具体的に何をすればそれを解決できるのかわからない状態だった私にとってKGSのシステムは最適なものでした。まず、授業は科目ごとにいくつかのレベルに分かれていて自由に自分のレベルにあった授業を選択でき、先生方に相談にのっていただきながら受講する授業のレベルを見直すこともできるためその時の自分に最適な時間割をリアルタイムで作成することができました。また各個人に専用の自習席が割り当てられ、電子レンジや冷蔵庫も完備され早朝から深夜まで思う存分学習できる自習室は苦手科目を克服するにも得意科目をより伸ばすにもぴったりの環境でした。

 1浪目のセンター試験の際、マークミスを犯してしまったことで国公立大学入試で不合格となってしまい2浪することが決定した3月には何をしても受からないのではないかとヤケになりかけていましたがモチベーションを保たせるこの環境があったからこそ2年間腐らず勉強を続けることができたと思っています。

 そして何より葛原先生が常に全体に目を配って声をかけていらっしゃって、2年目に私が前年のトラウマもあり出願校について何日もかけて迷っていた時も何度も相談に乗って勇気づけて下さり心に余裕をもって2次試験に臨むことができました。私の浪人生活は2年間と長い期間でしたがKGSと葛原先生なしには終われなかったと確信しています。

 葛原先生はじめ先生方2年間本当にお世話になりました。ありがとうございました。


1月 19 2021

2020年度合格体験記②

東京医科歯科大学(歯)、関西医科大学他合格

K・Mさん(千種高)

 

私は現役で大手衛星予備校に通っていましたが浪人が決まり、自分に何が足りてないかを考えた時、自分で解き切る力”“経験値”“厳しさが思い浮かびました。
そこで、2年前に兄が通っていたこともありKGSを勧められ実際に葛原先生とお会いして面談をしたところそれまで緩んでいた心が引き締められ、ここでしっかり頑張っていこうと固く決意しました。合格体験記と言っても、何を書けば分からなかったので、KGSの良かったところと自分が合格するために1年間続けてきたことを書こうと思います。

KGSの良かったところは、
①大手とは違って豪華な設備はないですが、自習室が充実していることです。冷蔵庫、ポット、電子レンジが備わっており、無駄な外出をしなくていいことです。また、一人一つ机が与えられ、棚などを使って自分の好きなように自習環境を整えることができます。
②物理や数学の解答の書き方の添削や英作文や和訳など、細かく指導をしていただけることです。実際、入試での減点を避けたり部分点を稼ぐことはとても大切なことなので、とてもありがたかったです。
③先生たちとの距離感です。不安に思ったことをすぐに相談できるし、先生も親身にのってくれます。どんな基本的すぎて質問しにくいことも、全然答えてくれます。葛原先生はストイックですが、いつも的確なアドバイスをくださいます。
④通いやすくのどかな場所にあり、服装などにも気にすることもなく、また映画館やショッピングモールだったりと誘惑がないので勉強に集中できます。
⑤授業です。たくさんの入試問題に触れることができ、経験値が本当に増えます。毎回予習が必須で、当てられる方式なので、受け身ではなくしっかりと自分で授業や問題に取り組む姿勢が身につけられます。
⑥赤本や参考書が豊富に取り揃えられていることです。自分に合った参考書や志望校を選択できます。

 

次に自分が1年間続けてきたことは、
第一志望を1年間貫き通したことです。センターでは失敗してしまいましたが、十分に対策ができたために二次で巻きかえすことができました。また、上記のKGSのよいところを十分に活用してそれまでできなかったことをできるように毎日取り組みました。

最後になりましたが、葛原先生、大谷先生、山地先生、武居先生、同じ部屋だった仲間、いつも一緒に切磋琢磨した仲間ありがとうございました。ここで学んだことを生かして、これからの人生頑張っていきたいです。

 


1月 19 2021

2020年度合格体験記①

名古屋市立大学(医・医)、関西医科大学(医・医)他合格

I・Mさん(南山女子高)

 

KGSには昨年の春から1年間お世話になりました。1浪目のセンター試験の当日に大きな不安と緊張に負け体調を崩し、思うように点数がとれませんでした。合格していた大学に進学するかもう1年国公立医学部を目指して浪人するか悩みましたが、浪人することを決め葛原先生と話をし、KGSでもう1年頑張ろうと決心しました。

 KGSの良いところの1つは自習環境が充実しているところです。自分専用の机が用意された自習室は時間のしばりがなくいつでも使えるため好きなだけ勉強できます。私はこの環境で平均114時間、毎日先生と立てた学習計画に基づいて勉強することで落ち着いて問題に取り組むことができ、学力が上がり忍耐力もつきました。模試の日や入試の日も自分の席に帰ってきたいと思えたり、入試直前の不安で仕方がない時期でも自分の席に座っていつも通りの勉強をしているだけで自然と安心できるくらい欠かせない場所となっていました。

 授業も質の高い熱意のこもった授業です。授業では指名されるため常に授業に集中し、しっかりと考えることができます。間違えたところは深く記憶に残るため、同じ間違いをすることはなくなりました。基礎から応用まで幅広い問題にあたることで、入試でも決して動揺することなく落ち着いて解くことが自然とできるようになっていたと思います。

 また、質問対応ではとても丁寧に対応していただきました。解けない問題や解けない箇所をわかるようになるまで指導していただき、類題を繰り返し解くことで苦手が克服できました。

 そして何よりも、この1年間私を支え続けてくださった葛原先生をはじめとする先生方。わからない問題の質問はもちろんのこと、勉強方法や悩みなど何でも親身に相談に乗ってくださり、的確なアドバイスをしてくださいました。私が不安でいっぱいになっていた時でも、葛原先生はいつも気にかけて言葉をかけてくださり、面白い話でよく笑わせていただきました。葛原先生と話しているといつの間にか不安が吹っ飛び、自然と前に進めていました。本当に心強かったです。

 KGSに出会えて志望校の合格がいただけたことが本当に幸せです。葛原先生、大谷先生、山地先生、武居先生には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。


1月 17 2021

共通テスト終了

新型肺炎の流行もあり、例年に増して色々な要素が重なった1年でしたがどうやら塾生たちは無事に共通テストの受験を終えることができたようです。もちろんこれは通過点でしかなく、2日後には私大医学部の入試を控えていますのでゆっくりしている暇はありませんがこちらとしては塾生皆がよくここまでがんばってくれたと労いたいと思っています。

 

今日も、それぞれ試験場から戻ってきて次に向けてがんばる彼らを見て逆にこちらが励まされる思いでした。

 

とにかく本番まであとわずかですが、最後まで誰も欠けることなくやり切ってくれることを願っています。

 

その一方で新年度の高卒部入塾に関するお問い合わせを多くいただいておりますが、本日より募集を開始させていただきます。1年後に必ず合格をつかんでいただけるよう、こちらも気持ちを新たにして頑張っていきたいと思います。


2月 29 2020

新型肺炎への対応について

多くの小中高校が休校となり、大手予備校も休講となる大変な事態となっていますが、現在のところKGSの塾生とその周辺において感染が起きたという情報はありません。

もちろん警戒は最大限にする必要がありますが、受験生たちはこのような状況でも試験に向けて学習を継続しなければなりません。熟慮の末、KGSでは職員・塾生ともに万全の対策をとったうえで授業を継続することに決定しました。

現役生たちは突然学校が休校となり学習の遅れを心配していますので、自習室もこれまで通り終日開放し学校がお休みとなった日中の時間帯の学習環境を提供していく予定です。

 


次のページ »