ブログ

1月 22 2021

2020年度合格体験記④

信州大学(医・医)、東北医科薬科大学(医・医)他合格

O・S君(東海高)

 

私は大手予備校での一年間の浪人生活を経て、二浪目の一年間をKGSでお世話になりました。同じ受験勉強といえど、大手予備校とKGSの学習環境は全く異なる者でした。まず1点目に、KGSのカリキュラムは非常に小回りがききます。それぞれの科目ごとのクラスレベルを自分で選択でき、必要ないと考える授業を受講する必要はありません。常に自分の学力レベルにあった授業を受講することのできるKGSの学習環境は、模試の総合成績だけですべての教科の半年間のクラスが強制的に決められてしまう大手予備校に比べ、大きな利点だと思います。2点目に、KGSの授業は非常にレベルが高いです。全ての科目については書ききれないので数学を例にあげると、私の受講していた数学Tのクラスでは4月の時点から難関大学の2次試験の問題が扱われていました。葛原先生が自らチョイスされる問題は難しいものが多かったですが、徒に難しいのではなく、一度経験していないと解くのが難しい、いわゆるライバルと差がつく良問ばかりでした。ですから私は自習においては難度の高い教材に手を出す必要もなく、標準的な問題集と授業の予習復習を重点的に行いました。その結果、2次試験本番の数学では全て経験のある問題の類題ばかりで苦手としていた数学に落ち着いて取り組むことができました。3点目にKGSは講師の先生方と塾生との距離が非常に近く、先生方はどんな些細な質問であっても懇切丁寧に答えて下さいます。私は英語の大谷先生に何度も添削をお願いしましたが、大谷先生による間違いの指摘は常に的確で自分では気づけないようなミスを沢山教えていただきました。そのおかげで英作文の対策は万全といえる状態までもっていくことができ、本当に感謝しています。さらに先生方は様々な悩みや相談にも気さくに応じて下さいます。実際に授業を担当していただいている尊敬し、信頼できる先生方からの言葉は力強い心の支えになりました。以上の点から、私は「自分が合格に届かなかった原因を理解し、それを克服するための学習計画をたて遂行しようとする」受験生にとってKGSは最適な環境だと思います。最後に一浪目で不合格となったとき自信を無くし、もう1年勉強を続けることができるのか不安でいっぱいだった私を支え合格へと導いて下さった葛原先生をはじめとする先生方にお会いできて本当に幸運でした。一年間ありがとうございました。