ブログ

1月 23 2021

2020年度合格体験記⑤

藤田医科大学(医・医)、岩手医科大学(医・医)他合格

Y・Aさん(滝高)

 

私は一浪目の時、大手の予備校に通っていました。物理と数学が非常に苦手だったのですが計画的に学習することができず授業の予復習に追われるばかりで苦手克服のために何から手をつければよいのかわからず途方にくれるばかりでした。二浪することが確定した時に同じ過ちは絶対に繰り返したくないと考えKGSへの入塾を決めました。

 KGSでは入塾後すぐに葛原先生との面談で自分のレベルにあった教材をご紹介いただいたので、何から始めればよいのかという悩みはすぐに解消し勉強に集中することができました。また、KGSの授業で扱われる問題はどれも質が高く、実践的な力がついていくのが感じられました。教科書レベルの質問にも丁寧に対応してくださったおかげで苦手分野を効率よく攻略することができました。

 葛原先生をはじめ、先生方には受験校の相談に乗っていただいたことや普段の雑談まで、私にとっての精神的な支えとなりました。また、一緒に面接の練習をしたり、進路について相談しあえる友人がいたことも受験を乗り切るうえで大きな支えでした。

 三浪は絶対にしないと決めていたので、不安とプレッシャーは大きかったですし、模試の判定もいつまでもE判定ばかりで何度も「もう無理だ」と思いました。周囲の塾生たちは自分より成績の良い人たちばかりで良い刺激ではありましたが反面焦りの原因にもなっていました。しかし、自分が信頼できるKGSで葛原先生を信じて言われたとおりに頑張ってみようと奮起した結果、当初医学部ならどこでもどんな形でもよいから合格したいと思って始めた二浪目でしたが終わってみれば受験校全勝という結果でした。自分が一番驚いていますし、今でも夢なんじゃないかと思っているくらいです。全ては本当につらいときにいつも支えて下さった葛原先生のおかげです。どれだけ感謝してもし尽せません。この一年間のことはこの先も忘れることはないと思います。ようやく医師となるためのスタートラインにつくことができました。葛原先生のかけて下さった「努力は才能を凌駕する」という言葉を今後も大切にしてがんばります。

 本当にありがとうございました。